琥珀サロン バルト海の琥珀をポーランドの工房で丁寧にデザイン製作された1点ものの琥珀ジュエリーを直輸入販売
 
オンラインショップTOP | 琥珀について | ご利用ガイド | 表参道店舗のご案内
 


琥 珀 サ ロ ン 琥珀について
琥珀の歴史
 今から5、6千万年前、中生代白亜紀後期から新生代第三紀ころの松柏科植物(マツ、スギ、ヒノキなど)の樹液(マツヤニ)が、長い間地中にあって、化石化したものが琥珀です。気候、風土などの環境の違いにより、様々な色や形の琥珀が生まれました。樹液が硬化する際、とり込んでいた昆虫や小動物、苔や植物、ガスなどから、琥珀が閉じ込めてしまった数千万年前の世界を覗くことができます。現在、琥珀はバルト海の海中沖積土、深さ約15メートルのところで採掘されています。色は、メノウの赤から、象牙の白まで、蜂蜜色、秋の紅葉の色、碧玉の緑などとても豊富です。

 古代ローマ時代には琥珀は貨幣として使用され、白やワックス色のものは香として薫くのに使い、赤みの入った透明な琥珀や、ゴールデンイエローの琥珀は、ビーズネックレス、ボタン、ペンダントなどに作られました。中世以降、ロシア宮廷からヨーロッパ王宮への贈答品として用いられました。 また中国でも古くから琥珀が愛され、虎が死んだのちにその魂が地中で石になったと信じられていました。琥珀の文字に「虎」がつかわれているゆえんです。このように琥珀と私たちとの付き合いは、長い歴史があります。

 アンバーロードといわれる琥珀の道は、貨幣や宝飾品として使われた琥珀を、水路および陸路を通って、バルト海から地中海へと運ぶ交易によって開かれていきました。

 欧米では古くから結婚記念日に琥珀婚という記念日があります。詳しくはこちらからご覧いただけます。

ご自身だけのおしゃれをお楽しみいただくために、、、
《琥珀のお選び方》

◆琥珀は樹脂の種類、気象条件、環境などにより、お色の幅が豊富です。 (コニャック色・シャンパン色・蜂蜜色・乳白色・・・)
お色はお好みですので、お値段や価値は特に変わりません。

◇グリーンアンバーは琥珀の裏の面に特殊加工を施しています。そのため正面から見るとグリーンに、断面から見ると薄い黄色です。この特殊加工は良質の琥珀でないとできません。

◇ボルドーワイン系の赤色の琥珀は表面に特殊加工を施しています。こちらも同じように厳選された琥珀でないと加工できません。

◆琥珀は中に様々なものが閉じ込められてます。 (気泡(ガス)・木の葉や枝・虫・泥土・・・)
気泡が入っている、入っていないはお好みで、それによってお値段や価格は変わりません。気泡が入っている場合は、光を受ける角度によって表情の変化を楽しんでいただけます。活き活きとしたおしゃれとして人気がございます。
虫が閉じ込められている琥珀は一般的に希少価値があり、お値段もお高くなりますが、こちらもやはりお好みです。

◆琥珀は様々な大きさがあります。
大きい琥珀の産出が近年、少なくなっています。そのため大きい琥珀は希少価値がでてきています。日本人の肌にとてもなじむお色ですので、大きい琥珀もぜひお試しいただければと思います。ほど良い緊張感とともに心地よいおしゃれを楽しんでいただけると存じます。


《琥珀の魅力》

◆軽い
写真ではお伝えできませんが見た目より軽いです。大きくともあまり重さが気にならないので、大振りなデザインもアクセサリーとして快適に楽しんでいただけます。

◆透明感
透明度の高い琥珀は、素晴らしいカッティングの技術により、思いがけないほど鮮明な輝きを周りにかえす場面がございます。ファッションに明るい雰囲気やハッとするような意外性を上品に醸し出します。琥珀サロンの琥珀ジュエリーたちが最も得意とするおしゃれでございます。

◆自然の恵み
琥珀は恐竜の時代の末期に生息していた植物の樹液が、長い年月をかけて化石化したものです。その表情はそれぞれに違い、まさに自然の与えてくれた太古のロマンの贈り物といえます。また植物の樹液である琥珀は、私たちと同じように歳月を積み重ねていくことで、お色がゆっくりとほんのり濃いめになる傾向にあります。同じものがふたつとない、ご自分だけの琥珀として、永く心行くまで楽しんでいただければと思います。


琥珀のお手入れ
 琥珀は比較的柔らかいので、布などに包んで保管してください。使用後は柔らかい布で拭いていただくようお願いいたします。琥珀を拭いていただくときには、琥珀を提げるためのバチカン(シルバーまたは木の部分)と琥珀の接続部分に負担をかけないよう、琥珀だけを布で包み込むようにして拭いてくださるようお願いいたします。ときどきありがとうと撫でてあげると、心が通じるかもしれませんね。

 特に香水、へアスプレーなどがつかぬようにご注意ください。光沢を失ってしまうことがあります。火には、弱いので、ご注意くださるようお願いいたします。

琥珀の色 カラーバリエーション
◆バタースコッチ、ミルキー、乳白色
特に白いものはロイヤルアンバーとも呼ばれています
◆シャンパン
シャンパンのように淡いレモン色です
◆コニャック、琥珀色
琥珀としてあまりにも有名なお色です
◆チェリーアンバー
チェリーアンバーは明るいお色から黒に見えるほど濃いお色までございます
◆グリーンアンバー
グリッター(気泡)の綺麗な輝きがはっきりとございます
◆カシスローズカラー
一般的にはレッドアンバーまたは赤い琥珀と呼ばれています
琥珀サロンのカシスローズカラーの琥珀は、赤というよりカシスローズの明るい美しいお色です
◆ミルキーコーラルカラー
一般的にピンクアンバーと呼ばれています
琥珀サロンのミルキーコーラルカラーは、ピンクというよりコーラル系のお色、落ち着いたダークコーラル系とバタースコッチカラーが微妙に交じったお色です

ご覧いただくパソコンのブラウザーの設定によりお色が正しくお伝えできない場合もございますので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。


ポーランドの工房




 年中無休の琥珀サロン表参道店舗 のご案内はこちらからどうぞ。

琥珀ジュエリーのイメージが完全に変ります


 オンラインショップのトップページ へ戻る

 
Copyright (c) 2004-2017 琥珀サロン All Rights Reserved
弊社のホームページに記載されているすべての内容について、一部または全部を、複製、および転載することをお断り致します。